MAYEKAWA Recruitment|前川製作所 リクルートサイト

会社を知る

仕事を知る

社員を知る

働く環境

採用情報

現場経験を活かし、エンジニア
として自分自身の道を拓く。

G.T.
理工学研究科 物理工学専攻 修了
2010年入社
アドバンスドシステム部門/エンジニアリンググループ

プラントエンジニアリング

プロフィールアドバンスドシステム部門のサービスグループに配属となり、化学工場などに据え付けられたガス圧縮機や冷凍機を分解して行う点検、フィルターの清掃など、メンテナンス業務を行いました。3年目に現在の所属部署であるエンジニアリンググループに異動しましたが、基本的に機械の内部をいじることがない仕事のため、構造を直感的に理解するうえでも、1年目の新入社員研修や2年目にサービスグループの業務を通して学んだ分解・組立の経験は大変貴重なものとなりました。

現在の仕事トルコ向けのガス圧縮機や冷凍機のエンジニアリング・試運転業務を4年にわたり担当しました。お客様は韓国のエンジニアリング会社、エンドユーザ―はトルコとアゼルバイジャンの合弁企業という国際色豊かな仕事でした。エンジニアリング期間中は、海外の規格やお客様の仕様に悩み、ミーティングでは言葉の壁が大きくありました。昨年は3ヵ月間、トルコのアリアーガという街で試運転業務を行いました。大型機種だったため、トラブルになるとコスト・納期へのインパクトは甚大です。プレッシャーがかかるなかでの入念な試運転準備、外国のお客様とコミュニケーションをとりながら冷凍機の運転調整をすることには苦労しました。海外案件では、お客様との文化・習慣の違いからか、仕事が思い通りに進まないことも多々あります。ただ、一つずつ問題を解決したときの達成感や充実感は、一味違ったものがありますし、自分の成長も実感できます。エンジニアリング業務は一人では達成できないことばかりで、国内外・社内外問わず多くの人と一緒に仕事をします。いつもその方々に感謝の気持ちを忘れず、これからも大事にしたいです。

メッセージマエカワのことは以前から知っており興味を抱いていましたが、物理工学を専攻し、冷蔵庫で使う冷媒ガスの熱物性の測定をテーマに研究をしていた大学院1年のとき、マエカワの技術研究所と共同研究をする機会があり、それが入社のきっかけとなりました。入社前は、技術研究所で冷媒の研究を続けたいと考えていましたが、ガス圧縮機や海外向けの冷凍機の仕事などに取り組むうちに、エンジニアリングの仕事に大きなやりがいを感じられるようになりました。失敗を恐れずに挑戦できるマエカワの社風が、このやりがいをさらに後押ししてくれています。

※ 所属は取材時のものです。

他の社員を見る

Recruiting Info採用情報

2021年卒エントリーはこちら!

  •  キャリタス就活2021
  • マイナビ2021

キャリタス
限定情報ページでムービー公開中!